医薬品の個人輸入のリスクを考えよう

>

海外医薬品の怖いところ

副作用が起こった時の対処がわからない

海外のものを個人輸入した場合、用法・用量を記した注意書きが日本語ではないために理解が及ばず、間違えて使用してしまうことがあります。
完全に自己責任となってしまいますが、言語による健康被害はなるべく避けたいものです。

また実際に副作用を起こしたときに、日本の病院にかかっても情報がわからずに対処が遅れることが多々あります。海外の薬についての成分などは専門家とはいえ、国内の医師・薬剤師が正確に把握することは難しいです。手遅れになる場合もあるかもしれません。

医薬品の副作用では救済制度が存在しますが、海外個人輸入による副作用では制度が利用できない可能性もあります。利用するには万全の注意が必要となってくるのが分かります。

偽造医薬品に注意しよう

海外薬品の中には、偽物もそれなりに存在します。ブランド品ではありませんが、薬品においても偽造品が流通しているのですね。
正規品と比べてみても区別をつけることが困難なものもあり、自分で発見することは無理でしょう。偽物なので、効能については信頼性が著しく欠け、場合によっては健康被害にあうリスクがあるので要注意です。

また国内では医薬品の効能・効果についての表示方法は規定があってきちんと取り締まりがされていますが、海外の場合は当然ながらその規制からは外れます。
なかには、虚偽の効能や効果を掲示している場合もあります。
表示をそのまま鵜呑みにしていいものかは自分の判断に任せるしかないのですが、不安がつきまといますね。


この記事をシェアする